装置の種類

Device

ブラケット装置(表側)

最も一般的な矯正装置です。様々な治療に適応し、歯並びの細かな調整が可能です。

金属の色が気になる場合には、目立ちにくい色のブラケットやワイヤーも選んでいただけます。

ブラケット装置(裏側)

歯の裏側に装置を装着するため、周囲から気づかれにくくほとんど見えないので目立つことなく矯正治療が行えます。接客をされる職業の方や、挙式などのイベントがある方には最適な装置です。治療中も歯並びの変化がわかりやすいです。歯並びの細かな調整が可能です。

マウスピース型矯正装置

透明の装置なので、装置を使用していても目立ちません。金属アレルギーをお持ちの方も治療が可能です。ご自身で取り外し可能な装置であるため、歯みがきがしやすくお口の中を清潔に保ちやすいです。一方で、きちんと使用していただけないと、歯が動きづらく治療が長引いてしまうこともあります。※複雑な歯の動きが必要なときは、ブラケット装置での治療をおすすめする事があります。

床矯正装置

主に小児矯正の第一期治療で使用します。用途によって、いろいろな種類の装置があります。基本的には、歯の移動、歯列の拡大、また歯の保定などに使用します。食事や歯みがきをするときにはご自身で取り外しができるので、お口の中を清潔に保ちやすいです。一方で、きちんと使用していただけないと歯が動きづらく、治療が長引いてしまうこともあります。

リテーナー (保定装置)

歯がきれいにならんでブラケット装置を外した後に、後戻りをして歯が動いてしまわないようにとめておく装置です。歯が安定するまでの間、2年間を目安に使用していただきます。当医院では、成人患者様にはマウスピース型のリテーナーを作成しています。

他にも様々な矯正装置があります。患者様一人ひとりに合った最適な装置を使用して、治療を行います。

遠藤矯正歯科

048-767-7399
受付時間 10:30~20:00(土日18:00)